Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://jitenfeti0.blog51.fc2.com/tb.php/31-5404f5e6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

31.植物と動物の大きな違い

 gooでやっている「動植物と名前漢字のブログ」で、この質問をしたのなら、独立栄養であるか従属栄養であるかの違いと言うのが回答となるでしょう。

 しかし、ここは女と男に関するブログであり、そんな上品なところでもない。

 「綺麗」が、今日のテーマとなる漢字です。

 これをヒントに、下を見ないで、考えてみてください。


2位(1位同点、応援感謝します。といっても、1位も私のブログです)/36サイトです。今後とも、↓をクリックして、応援してください。
FC2 Blog Ranking
私が応援してきた方が3位になり、喜ばしくはありますが、最大のライバルにもなったということで、複雑です。


62位(最高25位)です。↓をクリックして、応援してください。
人気blogランキング
12位の名前漢字と名付けお助けブログ、29位の字源と漢和辞典のブログなども私のブログです。


↓をクリックして応援してください。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
愛媛県8位です。1位・5位~14位も私のブログです。


 人間の場合、美男美女と言い、また綺麗な人という場合、主にを対照としていますよね。

 性格が可愛い人とかとも言いますし、女性でしたらプロポーションがいいとか、男女問わず、筋肉美が好きだとか言う場合もありますが、二義的です。

 植物ならやはり、ですね。果実が色づいて綺麗だとか、葉の色が綺麗なものもありますが、多くはの美しさや匂いの良さをめでますね。

 「はな」の字は、「華」が象形文字としてできて、後から形声文字として「」ができましたが、現在は「」が、植物の機関としての「はな」を表し、「華」は、「はなやか」の意の「はな」を意味することが多いですよね。

 ところで、「」を国語辞典で引いてみると、植物の綺麗で匂いの良い部分と言うところから解説しているものの他、植物の生殖器官というみもふたもない解説のものに分かれます。

 ここでは、後者のみもふたもないものの方が対象です。

 植物の生殖器官である花は、植物が基本的に動くことができないという面から、その性格ができていると思います。
 
 綺麗であったり、匂いが良かったり、甘い蜜があったりということがなければ、昆虫たちが見向きもしてくれません。

 そういうわけで、植物の生殖器官の花は、綺麗であり、匂いも良いわけです。

 しかし、人間の場合(他の動物の多くもそうです)、いかな美男美女と言っても、生殖器官が綺麗であったり、芳香を出していると言うことはありません(動物によっては、体から麝香の芳香をだしているものもあります)。

 これが、このブログ的に、植物と動物の大きな違いに対する回答です。

 このように、植物と動物では、大きな違いがありますが、生物にとって一番大切なことは、自分の命を子孫に受け継いでいくことであり、その点で、自分の生命を維持するための他の器官と同様に、生殖器官も非常に大事なものであるというのが、私の基本姿勢です。


1・2フィニッシュです。今後とも、↓をクリックして、応援してください。学問・文化・芸術ランキング全体では、22位(もう一つのブログは、35位です)です。
FC2 Blog Ranking


62位(最高25位)です。↓をクリックして、応援してください。
人気blogランキング


↓をクリックして応援してください。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
愛媛県8位です。1位・5位~14位も私のブログです。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://jitenfeti0.blog51.fc2.com/tb.php/31-5404f5e6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

jitenfeti0

Author:jitenfeti0
1998.5.18  「和製漢字の辞典」でホームページデビュー。
1999.12.26 現在のメインサイト「日本語を読むための漢字辞典」正式公開。
2001.4  雑誌「本とコンピューター」で文芸評論家の紀田順一郎氏が「在野の遺賢」と紹介。
2001.7.12  「和製漢字の辞典」日経新聞文化面で、「国字の世界、ネットに開く」と大きく紹介。当日同サイトで最大の5000アクセス達成。
2001.9.4 NHKが私のことを和製漢字(国字)の研究者と紹介。
2004.11.25 ライブドアの「ジテンフェチの漢字Blog」でブログデビュー。
2005.4.11 楽天でブログ「漢字・雑学サイトのカリスマ」を始める。
2005.4.30 アメーバで「四字熟語と漢字のブログ」を始める。
2005.6.17 JUGEMで「語源・字源・漢和辞典のブログ」を始める。
2005.7.11 gooで「動物ブログ」を始める。
2005.7.12 yaplogで「ブログ 和製漢字の辞典」を始める。
2005.9.1 JUGEMで「名前漢字と名付けお助けブログ」を始める。
2006.3.13 JUGEMで「異体字と国字のブログ」を始める。
2006.5.14 exciteで「三字熟語と漢字のブログ」をはじめる。
2006.5.28 JUGEMで「四字熟語っぽくない四字熟語のブログ」を始める。
2006.7.31 アメーバで「オノマトペと慣用句のブログ」を始める。
2006.8.21 アメーバで「この漢字にこんな意外な意味があったのか」を始める。
2006.12.3 JUGEMで「non四字熟語のブログ」を始める。
和製漢字の鉄人・ジテンフェチを自称 

最近の記事

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。