Entries

スポンサーサイト

49.「一期一会」という四字熟語

 「いちごいちえ」と読む四字熟語。 四字熟語の中で、非常に人気があるものの一つですね。 人との出会いは不思議なものであり、一生に一度の出会いと考えて大事にしなければならないという意味である。 あなたなら、「一期一会」という四字熟語をどんな時に使いますか。FC2 Blog Ranking 今後とも↑をクリックして、応援してください。5位(9位も私のブログです)/28サイトです。(8月25日現在、久しぶりの1位です)人気blo...

18.美男美女振りをほめる四字熟語

 顔が美しいことをほめる四字熟語のうちには、使い方が難しいものがあります。 どんな美女にも使ってはいけないものと、どんな美男子にも使ってはいけないものがあります。 下を見ないで、ちょっと考えてみてください。2位です。今後とも、↓をクリックして、応援してください。FC2 Blog Ranking66位です。↓をクリックして、応援してください。人気blogランキングへ 明眸皓歯とは、美しく澄んだ目と白く綺麗な歯という意味で、...

7.一金二男

↓をクリックして、応援してください。↓をクリックして、応援してください。 女性が男を選ぶ基準を四字熟語にしたもの。 「いちかねにおとこ」と読み、第一に金が必要で、男ぶりは、その下という意味。 はじめてこの四字熟語を見たとき、「いちかねじなん」と読んでしまい、金を持っている二男かと、勘違いしたのは、恥ずかしい思い出です。 もっとも、どちらに読んでも、金の無い、男ぶりも良くない、二男でもない、妻帯者の私...

Appendix

プロフィール

jitenfeti0

Author:jitenfeti0
1998.5.18  「和製漢字の辞典」でホームページデビュー。
1999.12.26 現在のメインサイト「日本語を読むための漢字辞典」正式公開。
2001.4  雑誌「本とコンピューター」で文芸評論家の紀田順一郎氏が「在野の遺賢」と紹介。
2001.7.12  「和製漢字の辞典」日経新聞文化面で、「国字の世界、ネットに開く」と大きく紹介。当日同サイトで最大の5000アクセス達成。
2001.9.4 NHKが私のことを和製漢字(国字)の研究者と紹介。
2004.11.25 ライブドアの「ジテンフェチの漢字Blog」でブログデビュー。
2005.4.11 楽天でブログ「漢字・雑学サイトのカリスマ」を始める。
2005.4.30 アメーバで「四字熟語と漢字のブログ」を始める。
2005.6.17 JUGEMで「語源・字源・漢和辞典のブログ」を始める。
2005.7.11 gooで「動物ブログ」を始める。
2005.7.12 yaplogで「ブログ 和製漢字の辞典」を始める。
2005.9.1 JUGEMで「名前漢字と名付けお助けブログ」を始める。
2006.3.13 JUGEMで「異体字と国字のブログ」を始める。
2006.5.14 exciteで「三字熟語と漢字のブログ」をはじめる。
2006.5.28 JUGEMで「四字熟語っぽくない四字熟語のブログ」を始める。
2006.7.31 アメーバで「オノマトペと慣用句のブログ」を始める。
2006.8.21 アメーバで「この漢字にこんな意外な意味があったのか」を始める。
2006.12.3 JUGEMで「non四字熟語のブログ」を始める。
和製漢字の鉄人・ジテンフェチを自称 

最近の記事

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。